東京リオネットblog多摩版

国産補聴器リオネット専門店の多摩地区スタッフが運用中!

2017-03

補聴器と集音器の違い②

前回()、補聴器と集音器の違いの一つに「国の認可の有無」があり、「補聴器を製造・販売するためには厚生労働省の認可が必要だが、集音器にはその義務を要しない。それによりコストを抑えた安価な商品の提供が可能となる。その反面、安全性・信頼性に欠ける部分があると」ご紹介しました。今回は性能面での差異についてお話をします。

"補聴器と集音器の違い①"の詳細はこちら


お客様に補聴器と集音器を説明する際、まずは法令的な違い、そして性能の差を説明しますが、「補聴器にはお客様それぞれのきこえに合わせる機能がある」と説明してもその細かいニュアンスが伝わらず、「全然きこえない訳ではないから安い集音器でいい。少しは調整機能があるんでしょ?」と考えてしまう方もいます。

「なぜグレードの上の器種が高価なのか?」という補聴器の購入を検討している方からの質問に対し、「調整機能が優れているのでその差です」とご説明してもそれを正しく理解されないことがあります。補聴器のきこえにある程度慣れると、慣れた上での改善点や不満点が大なり小なり必ず出てきます。補聴器は販売して終わりではなく、お客様とは販売後のお付き合いの方が長くなります。そのため、聴力の程度を勘案し、ある程度の性能的な余力を持った補聴器をお勧めすることになります。時には「おたくは商売だから高い商品を売ろうとしているんだろう?」と厳しいご指摘をいただくこともあります。しかし、「販売後もフォローをしっかりと行える商品です。お客様にご満足いただける状態に近づけることができます(※聴力の範囲内という条件はあります)」と自信を持って商品を販売できることは販売する側の安心であり、自信であり誠意です。聴力に対して性能的に不適である中途半端な商品では、中途半端なきこえにしかできないことがあります。お客様の聴力の状態により、お勧めできない器種があるのです。店側は何とかしたくても性能による限界から根本的な解決が不可能な状況に陥ってしまいます。また、お客様も補聴器に対する不信感や不満によって二度と補聴器に見向きしてくれなくなるなど、いわゆる誰も幸せにならない結果になってしまいます。

補聴器でさえ「安い商品はそれ相応の性能しかない。だが、お客様の意向(予算など)の範囲内でベストな提案をしなくてはならない」というジレンマを抱えます。集音器にも音量調整機能(ボリューム)はありますが、それ以外の調整機能がほとんどありません。そもそも個人のきこえに合わせることを前提に作られていないのです。

集音器の新聞広告をよく読むと、「テレビの音が大きくきこえる」などの表記になっており、「人との会話がきこえる」という表現は避けているはずです。集音器には消費者保護の観点から広告宣伝の制限があります。しかし、言葉遊びのようですが「(会話以外の)音をきくための商品」という建前があれば、厚生労働省の条件を満たすことなく製造・販売が出来てしまうのです。

それに対し、補聴器は「会話をきくための商品」という文言が使えます。その言葉が使えるということは責任を負うということです。その差が設けられているだけでも補聴器と集音器の違いはご理解いただけたのではないでしょうか?


「音が大きくきこえる」と「人の声が快適にきこえる」は似て非なるものなのです。


【前回】 補聴器と集音器の違い①
【予告】 補聴器と集音器の違い③ 



文責:立川北口 松永


認定補聴器技能者が多数在籍の補聴器専門店リオネットセンター立川北口
認定補聴器専門店リオネットセンター立川北口

【姉妹店リンク】
認定補聴器技能者が在籍の国産補聴器専門店リオネットセンター立川南口
認定補聴器専門店リオネットセンター立川南口
パルコひばりが丘1階です!西東京の国産補聴器専門店リオネットセンターひばりが丘
補聴器専門店リオネットセンターひばりが丘
立川補聴器 国産補聴器 多摩補聴器 立川リオン 立川リオネット 立川補聴器 国産補聴器 多摩補聴器 多摩リオネット 多摩リオン リオン補聴器  リオネット補聴器 補聴器多摩 リオネット 国産補聴器 ひばりが丘 補聴器専門 補聴器多摩 パルコひばりが丘

テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

 | ホーム | 

FC2Ad

 

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

補聴器 (31)
ニュース (4)
イベント (11)
お客様 (3)
ローカル (2)
マメ知識 (5)
日記 (3)

リンク

店舗情報

リオネットセンター立川北口

〒190-0012

立川市曙町1-15-1 谷ビル2F

TEL

042-524-5811

FAX

042-525-6683

リオネットセンター立川南口

〒190-0023

立川市柴崎町3-6-5 五十嵐ビル4階

TEL

042-523-3321

FAX

042-525-3796

リオネットセンターひばりが丘

〒202-0001

西東京市ひばりが丘1-1-1 パルコひばりが丘1階南側

TEL

042-439-3373

FAX

042-439-3404

お問い合わせ先

国産補聴器専門店
東京リオネット販売㈱
info@tokyorionet.co.jp

最新コメント

プロフィール

補聴器リオネットセンター立川北口、立川南口、ひばりが丘の多摩地区スタッフで運用しております。

東京リオネット販売多摩地区スタッフ

Author:東京リオネット販売多摩地区スタッフ
国産補聴器リオネット専門店の東京リオネット販売株式会社多摩地区スタッフ(立川北口、立川南口、ひばりが丘)が運用中!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

友達にこのブログのURLを教える

友達にこのブログのURLを教える

アンカーテキスト