東京リオネットblog多摩版

国産補聴器リオネット専門店の多摩地区スタッフが運用中!

2017-03

話し方のコツ

一般認識として「補聴器できこえの全てを解決できる」と思われがちです。補聴器は字のごとく、「聴こえを補う器械」であり、各々の維持してきた語音明瞭度()という、”音を言葉として理解する力”を引き出す器械です。語音明瞭度には個人差がありますので、補聴器ユーザーの満足度に差が出てしまう要素の一つなります。
※語音明瞭度にいてはこちらを参照

今回は、きこえに不自由がある方に対してほんの少しの配慮があれば会話がスムーズになる方法をいくつか紹介します。

大前提として理解しなくてはいけないことは「健聴者でもききづらい場面やきき間違うことがある」ということです。工事現場の近くや居酒屋などで隣の人との会話などをイメージしていただければご理解いただけるかと思います。

◆話し方のコツ(ききやすい話し方)◆

①本題に入る前に相手の注意を引いてから会話に入る
健聴者でも後ろから話しかけられても“自分に向けて話しかけられている”という意識がないと聞き取れない場面があります。

②何度言い直しても伝わらない場合、違う言葉で「言い直す・言い換える」
例)朝食→朝ごはん、自動車→車、電車を利用した→電車を使った   

③早口にならないように心がける
抑揚がない話し方は”健聴者でも聴きやすくない”という認識が必要です。

④文節ごとに区切って話す
「ゆっくり、区切って、ハッキリ」と話すことを意識してください。一気にガーッ!と話をされても聞き取りきれません。
例)今日 / 立川の / お店で / 補聴器の / 話を / きいた

⑤場面に応じて筆談を利用する
補聴器でも全てをカバーしきれる訳ではありませんので、会話の中で語尾が不明瞭なことがあります。「○時に待ち合わせ」という場合や「××日に約束をする」などの際には内容を書いたメモを渡したりするなどの方法を用いると行き違いなどトラブルを防ぐことができます。
例)「加藤さん」と「佐藤さん」、「7時」と「1時」など

病院などで「おばーちゃーん!!きこえる?!きこえてる?!」と耳元で大声を出している場面をよく見かけますが、上記の①~⑤と比較して効率が悪く、場合によっては逆効果です。TVの音を通常の音量から過剰に上げると音が割れてしまい、何を言っているのかわからなくなることがあります。大き過ぎる声は健聴者でもききづらいのです。良かれと思っての行動が相手には「気を使ってくれているのはわかるけど、何を言っているのかわからない。怒られているみたい…適当に返事をしてしまおう」と表面上会話ができているが実際には意思疎通が取れていない事態にもなりかねません。

早い段階での補聴器装用と話し方の工夫をお試しください。




文責:立川北口 松永

認定補聴器技能者が多数在籍の補聴器専門店リオネットセンター立川北口
認定補聴器専門店リオネットセンター立川北口

【姉妹店リンク】
認定補聴器技能者が在籍の国産補聴器専門店リオネットセンター立川南口
認定補聴器専門店リオネットセンター立川南口
西東京の国産補聴器専門店リオネットセンターひばりが丘
補聴器専門店リオネットセンターひばりが丘
立川補聴器 国産補聴器 多摩補聴器 立川リオン 立川リオネット 立川補聴器 国産補聴器 多摩補聴器 多摩リオネット 多摩リオン リオン補聴器  リオネット補聴器 補聴器多摩 国産補聴器 ひばりが丘 補聴器専門 補聴器多摩

テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

 | ホーム | 

FC2Ad

 

検索フォーム

お問い合わせ先

国産補聴器専門店
東京リオネット販売㈱
info@tokyorionet.co.jp

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

補聴器 (16)
ニュース (2)
イベント (6)
お客様 (2)
ローカル (2)
マメ知識 (4)
日記 (1)

リンク

プロフィール

補聴器リオネットセンター立川北口、立川南口、ひばりが丘の多摩地区スタッフで運用しております。

Author:東京リオネット販売多摩地区スタッフ
国産補聴器リオネット専門店の東京リオネット販売株式会社多摩地区スタッフ(立川北口、立川南口、ひばりが丘)が運用中!

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

友達にこのブログのURLを教える

友達にこのブログのURLを教える

アンカーテキスト