東京リオネットblog多摩版

国産補聴器リオネット専門店の多摩地区スタッフが運用中!

2017-04

補聴器と電話①

「補聴器を装用したままでは電話がよくわからない。電話がかえってきき取りづらい」という方や「そもそも、補聴器で電話に出ることができるの?」と疑問に感じている方はいらっしゃいますか?

電話でのききづらさは、その原因を理解し対策をとることで改善は可能です。ここでは補聴器を利用されている方に試していただきたい方法をいくつか紹介します。

原因1:補聴器のマイクと受話部分が離れていないか?
補聴器には音を拾うマイクが付いています。マイクから取り入れた受話音声を増幅させ、イヤホンから耳へと音声を届けます。以前にも紹介しましたが、耳あな型補聴器と耳かけ型補聴器は構造が異なります。耳あな型補聴器は健聴者と同じ感覚で電話に出ることができますが、耳かけ形補聴器はマイクが耳の上部にあるため、受話器の音が出る部分を補聴器のマイクに当てる必要があります。
maiku.png
受話器に耳を押し当てる癖がありますので習慣付けは難しいとは思いますが、電話の声が従来より聞き取りやすくなる余地がありますのでお試し下さい。

原因2:電話機の設定が適切か?
最近の電話機は通話音設定が出来ますのでボリュームが小さくはないか確認してください。また、携帯電話の場合、下図赤枠の辺りにボリューム操作ボタンがある器種があります。知らず知らずの内にボリュームが下がった設定に変更され、聞きづらくなってしまうケースも多く、「呼出音」が最大設定なのに「通話音量」が最小設定になっていることもあります。
携帯電話


【次回】 補聴器と電話②
原因3:ハウリングの発生
原因4:調整は適切か?
原因5:相手側の話し方に問題はないか?




ネタ提供者様多謝!!



文責:立川北口 松永   

認定補聴器技能者が多数在籍の補聴器専門店リオネットセンター立川北口
認定補聴器専門店リオネットセンター立川北口

【姉妹店リンク】
認定補聴器技能者が在籍の国産補聴器専門店リオネットセンター立川南口
認定補聴器専門店リオネットセンター立川南口
西東京の国産補聴器専門店リオネットセンターひばりが丘
補聴器専門店リオネットセンターひばりが丘
立川補聴器 国産補聴器 多摩補聴器 立川リオン 立川リオネット 立川補聴器 国産補聴器 多摩補聴器 多摩リオネット 多摩リオン リオン補聴器  リオネット補聴器 補聴器多摩 国産補聴器 ひばりが丘 補聴器専門 補聴器多摩
関連記事

テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyorionet.blog.fc2.com/tb.php/52-0d765981
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

検索フォーム

お問い合わせ先

国産補聴器専門店
東京リオネット販売㈱
info@tokyorionet.co.jp

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

補聴器 (22)
ニュース (3)
イベント (9)
お客様 (2)
ローカル (2)
マメ知識 (5)
日記 (3)

リンク

プロフィール

補聴器リオネットセンター立川北口、立川南口、ひばりが丘の多摩地区スタッフで運用しております。

東京リオネット販売多摩地区スタッフ

Author:東京リオネット販売多摩地区スタッフ
国産補聴器リオネット専門店の東京リオネット販売株式会社多摩地区スタッフ(立川北口、立川南口、ひばりが丘)が運用中!

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

友達にこのブログのURLを教える

友達にこのブログのURLを教える

アンカーテキスト