東京リオネットblog多摩版

国産補聴器リオネット専門店の多摩地区スタッフが運用中!

2017-04

補聴器に慣れる方法

「いくら相談しても慣れろ慣れろとそればかりであの店は何もしてくれない!!」と他社で購入された方が訴えてこられることがあります。その販売店の対応や知識が不十分であったのかもしれませんが、一概に不適切だったとも言い切れません。大前提として、「ご自身の耳と補聴器のきこえは違う」という事実があるからです。最近ではデジタル補聴器の精度が上がり、会話の邪魔になる余計な雑音などをある程度抑制できるようになりましたが、現状、人体の耳と比べてしまうと、まだ劣っている部分があると言えます。ほとんどの方は補聴器をしていない年数と補聴器をしている年数を比較すると前者の方が多いのではないでしょうか?補聴器を通しての機械的なきこえという”新しいきこえ方”に慣れる必要性が出てくるのです。もちろん、補聴器の調整(音の設定)側の問題である場合もありますので、その際には「慣れた上でもどうしても気になる」とご相談ください。

次に、補聴器に慣れる方法を紹介します。よく、老眼鏡と同じ感覚で認識する傾向がみられますが、補聴器は必要なときのみ使用する商品ではありません。そのため、「普段は使う気はないけど会議の時にバッチリきこえたい」ということは「勉強を全然しないで100点を取りたい」と言っているように、無茶な希望です。補聴器は日常的に使用し、徐々に自分の耳に慣らしていかなければ補聴器の性能を十分に発揮させることはできません。下図の通り、会議など大勢の中での会話は難易度が高めですので「いきなりバッチリ」という訳にはいかないのです。

補聴器に慣れるためには

「今日は一日中着けてみるよ!」と積極的な方もいますが、補聴器が初めての場合、疲れやすい傾向もあり、「こんなに疲れるならもう使いたくない・・・」と二度と補聴器を見向きもしてくれなくなる方もいます。色々な方法があると思いますが、私がお勧めしている方法は、毎日、数時間でもよいので使用する習慣をつけるというものです。気付いたら昼まで、気付いたら夕方まで、気付いたら就寝の直前まで、というように段階的に低いハードルからクリアしていただく方法が無理なく順応しやすいようです。

これは一つの例です。正解はひとつではありません。
ご自身に合った無理のない方法をお試し下さい。






文責:立川北口 松永

認定補聴器技能者が多数在籍の補聴器専門店リオネットセンター立川北口
認定補聴器専門店リオネットセンター立川北口

【姉妹店リンク】
認定補聴器技能者が在籍の国産補聴器専門店リオネットセンター立川南口
認定補聴器専門店リオネットセンター立川南口
西東京の国産補聴器専門店リオネットセンターひばりが丘
補聴器専門店リオネットセンターひばりが丘
立川補聴器 国産補聴器 多摩補聴器 立川リオン 立川リオネット 立川補聴器 国産補聴器 多摩補聴器 多摩リオネット 多摩リオン リオン補聴器  リオネット補聴器 補聴器多摩 国産補聴器 ひばりが丘 補聴器専門 補聴器多摩

テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

運転免許の自主返納サポート

運転免許の自主返納サポートという制度をご存知ですか?

全国的に65歳以上の高齢者の運転による交通人身事故が増加しています。運転に自信がなくなった方、ご家族から運転が心配と言われたことのある方は運転免許の自主返納をご検討ください。

高齢者運転免許自主返納


返納後、身分証明に利用できる運転経歴証明書の申請ができます。運転経歴証明書の提示により、カラオケ、ボーリング、温泉、旅行会社や遊園地、動物園、博物館、美術館などで様々な特典を受けられます。
※注:加盟店に限ります。

補聴器専門店である東京リオネット販売も高齢者運転免許自主返納サポートに参加しており、補聴器を10%OFF(※一部例外あり)にて販売しております。

高齢者運転免許自主返納(補聴器)


詳しい返納方法や他の特典は警視庁のホームページをご参照ください。






文責:立川北口 松永

認定補聴器技能者が多数在籍の補聴器専門店リオネットセンター立川北口
認定補聴器専門店リオネットセンター立川北口

【姉妹店リンク】
認定補聴器技能者が在籍の国産補聴器専門店リオネットセンター立川南口
認定補聴器専門店リオネットセンター立川南口
西東京の国産補聴器専門店リオネットセンターひばりが丘
補聴器専門店リオネットセンターひばりが丘
立川補聴器 国産補聴器 多摩補聴器 立川リオン 立川リオネット 立川補聴器 国産補聴器 多摩補聴器 多摩リオネット 多摩リオン リオン補聴器  リオネット補聴器 補聴器多摩 国産補聴器 ひばりが丘 補聴器専門 補聴器多摩

テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

ガッツポーズ

おはようございます。リオネットセンター立川北口です。

さて皆さんは今日が「ガッツポーズの日」というのはご存知ですか?

1974年の今日、ボクシングの試合であのガッツ石松が世界チャンピオンになった時に記者がガッツ石松の勝利の喜びを表した姿を「ガッツポーズ」と表現して世間に広く知られるようになったので「ガッツポーズの日」と制定され、「ガッツポーズを作ったのはガッツ石松!」と思われています・・・・・が! 実はこの2年前の1972年に発行されたボウリング雑誌「週刊ガッツボウル」(週刊雑誌があるというのが当時のボウリングブームのすごさを感じさせますね~)の中で「ストライクを出したとき スペアを取ったときその自信と喜びを表現するスタイルが“ガッツポーズ”。ごく自然に出てくるものだが 個性あふれる自分だけの“ガッツポーズ”をつくろうではないか!」というコーナーがありこちらが元祖だそうですよ!

かく言う私もずっと「ガッツ石松が起源」だと思っていました! 

ではまた。



文責:立川北口 中田

認定補聴器技能者が多数在籍の補聴器専門店リオネットセンター立川北口
認定補聴器専門店リオネットセンター立川北口

【姉妹店リンク】
認定補聴器技能者が在籍の国産補聴器専門店リオネットセンター立川南口
認定補聴器専門店リオネットセンター立川南口
西東京の国産補聴器専門店リオネットセンターひばりが丘
補聴器専門店リオネットセンターひばりが丘
立川補聴器 国産補聴器 多摩補聴器 立川リオン 立川リオネット 立川補聴器 国産補聴器 多摩補聴器 多摩リオネット 多摩リオン リオン補聴器  リオネット補聴器 補聴器多摩 国産補聴器 ひばりが丘 補聴器専門 補聴器多摩

テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

補聴器の保守管理

補聴器を快適に使用するためには定期的な保守管理が必要です。補聴器が正しい性能を示しているか定期的に確認しなければなりません。季節の変わり目ごとを目安に最低でも年に4回のご来店をお勧めしています。また、聴力の変化やきこえの違和感に対し、調整対応も必要です。補聴器は我慢して使用する類の商品ではありません補聴器は、気になることがあれば即相談し、改善を求めるべき商品と認識してください。

※聴力や仕様による限界はあります。

多くの補聴器店には測定室が設置されています。測定室にも色々なタイプがあり、電話ボックスのようなコンパクトなものから病院に設置されているような本格仕様のものまで幅広いラインナップがあります。当店では、補聴器の選定や調整、効果の確認のために後者のようなしっかりしたタイプを利用しています。

測定室(外)
測定室(中)

また、当店ではスロープをご用意しております!!

スロープを常備している店舗は意外に少ないのですよ?(´・ω・`;)

足元に自信のない方はお申し付けください!

スロープ






文責:立川北口 松永

認定補聴器技能者が多数在籍の補聴器専門店リオネットセンター立川北口
認定補聴器専門店リオネットセンター立川北口

【姉妹店リンク】
認定補聴器技能者が在籍の国産補聴器専門店リオネットセンター立川南口
認定補聴器専門店リオネットセンター立川南口
西東京の国産補聴器専門店リオネットセンターひばりが丘
補聴器専門店リオネットセンターひばりが丘
立川補聴器 国産補聴器 多摩補聴器 立川リオン 立川リオネット 立川補聴器 国産補聴器 多摩補聴器 多摩リオネット 多摩リオン リオン補聴器  リオネット補聴器 補聴器多摩 国産補聴器 ひばりが丘 補聴器専門 補聴器多摩

テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

次のページ  | ホーム |  前のページ

FC2Ad

 

検索フォーム

お問い合わせ先

国産補聴器専門店
東京リオネット販売㈱
info@tokyorionet.co.jp

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

補聴器 (22)
ニュース (3)
イベント (9)
お客様 (2)
ローカル (2)
マメ知識 (5)
日記 (3)

リンク

プロフィール

補聴器リオネットセンター立川北口、立川南口、ひばりが丘の多摩地区スタッフで運用しております。

東京リオネット販売多摩地区スタッフ

Author:東京リオネット販売多摩地区スタッフ
国産補聴器リオネット専門店の東京リオネット販売株式会社多摩地区スタッフ(立川北口、立川南口、ひばりが丘)が運用中!

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

友達にこのブログのURLを教える

友達にこのブログのURLを教える

アンカーテキスト